ナポリは巷の口伝てほど怖くないというのがまじめなメッセージです

前年GWに全くの人調整で学生の息子とイタリアのナポリに見物しました。
自身は51才のはたらく母親で、息子も就活途中だったので、連休5日間を利用してのナポリ見物で、事項はミュージアムとポンペイの遺跡巡りにカプリ島と、うまい献立でした。
ナポリといえば、日本からの道程は滅多にいわゆる車窓からの「サファリ視聴」で、表通りが危険で銭湯から降りずに見分けるというのが馴染みですが、最近のナポリは普通に歩けます。やっぱり、海外なので携行心配りなどには、日本国内に掛かるよりも注意が必要ですが、マミー息子二人で、充分に歩いて回れます。
印象的な位置は宿屋のベランダから見えた卵城です。夜はイルミネーションされ、またわれわれが泊まっている時に、丁度ナポリの聖人のお日様だったので、日にちが変わった瞬間に花火がのぼりました。 ああいうタイムリーな体験をすると、忘れられない場所になりますね。
食物も、ナポリは海のラッキーが安くておいしく、邦人の口に会います。われわれが行った食堂では、海のラッキーのフリッターが食べきれなくて、美味いけど満杯ですまんと言ったら、持ち帰れるようにプラスティック器に詰めてくれました。
人も献立もステキでしょ?!
必ず素足で歩いて、ステキなナポリを体験して下さい。antichrist.jp